地域の違いは、食べ物の味付けの違いなどにも結び付きます

ビル

 地域によって住所などが違う様に、各地で採取できるものにも、それぞれに違いがあります。
その場所でしか生産されていないものもありますので、貴重な食材なども各地に存在しています。
 食べ物によって、地域の違いを発見する事もできます。
例えば、北海道の場合には、広大な土地を利用して、じゃがいもやにんじんなど、普段よく目にする野菜の収穫で有名です。
同じ野菜でも、亀戸大根など、東京という都心部の一部でしか見られないものも存在しています。
京都には、京野菜と呼ばれるその場所独特の形、味をした野菜などがあります。
 また、食べ物は、調理をしてから頂く場合も多いですが、味付けなどの面でも地域の違いが見られます。
東北の場合には、長い降雪期間がありますので、保存が利く様に、塩味を濃い目にした料理などもあります。
一方で、関西方面では、そばなどの味付けも比較的薄味にしている場合が多くなっています。
生まれた場所、育った場所によって、地域の違いは、食べ物に対する味付けの仕方の違いに繋がる事もあります。