地域の違いは、食べ物における名産品の違いとも関係性があります

ビル

 地域によって違いが見られるものの中には、食べ物があります。
地域毎に特色をもったものが存在しています。
 例えば、沖縄県の場合には、海へび料理などを食す習慣があります。
地元の海に生息する生き物でもあり、地元の人が採取して調理し、イラブ汁という料理として存在しています。
地域の違いは、そこで採取されるものの違いともいえます。
北海道や東北は、冬になると厳しい寒さを迎えますが、同時に、海の幸に恵まれています。
海の幸は、新鮮なままで食す事も最適ですが、地元で食されている海からの贈り物は、全国各地でも楽しまれる様になっています。
 また、地域の違いは、味の違いにも繋がる事があります。
カレーは、全国各地で食されていますが、北海道では、スープカレーなどが提供される場合があります。
広島県では、海の名産品である牡蠣をカレーに入れて食すなどもあります。
最近では、カレーをレトルト食品として販売しているため、商品を取り寄せて、各地の食べ物を食す事も可能になっています。