関東と関西で異なる食べ物

ビル

関東と関西で異なる食べ物といえば、身近なものではうどんのつゆが有名です。
関東では、しょうゆベースの濃い色が特徴のつゆが使用されているのに対し、関西では、だしベースの薄い色が特徴のつゆが使用されています。
どちらのつゆが美味しいかについては、やはりどちらの味に昔から親しんでいるかによって、異なってくるのではないでしょうか。
こうした食べ物の味付けの地域の違いに対応するため、全国展開している食品メーカーでは、地域によって味付けを変えているところもあります。
有名なところでは、お湯を注いで作るカップうどんの味付けが、関東用と関西用でつゆのベースを変えているといったものがあります。
さらに、メーカーによっては、関東の消費者が関西用の商品も購入できるよう、両方の商品を全国展開で販売して販路の拡大を目指しているところもあります。
また、出張や国内旅行のお土産に地域限定の商品を買って帰ると、食べ比べができるのでとても喜ばれ、お土産としても重宝します。