地域によってかなり違う食べ物

ビル

うどんのつゆの色が関東と関西で違うというのは有名ですが、おでんのつゆも関東と関西では違います。
関東では、濃い口醤油を使って甘い感じですが、関西では薄口醤油と塩であっさりとした感じになっています。
そして、一番の地域の違いはちくわぶです。
小麦粉をこねて茹でたちくわぶは関東では人気のおでんの具ですが、関西では存在そのものがほとんど知られていません。
そして、関東と関西の境目にある静岡のおでんは、別の食べ物と言って良いでしょう。
ドロドロに煮込んだつゆの量は少く、鰹節や青のりをかけて食べます。
そして、静岡のおでん屋さんはなぜかかき氷を一緒に売っていたりします。
また、最近全国的な知名度を得た恵方巻きですが、関西地方に比べて、関東地方ではまだ実際に食べている人は少ないです。
でも、テレビなどで紹介されることによって、食べ物の地域の違いは少くなってきています。
それだけに、食べ物の地域の違いを知った時には驚くことが多いです。